本則

1 診療報酬の算定方法(平成二十年厚生労働省告示第五十九号)第一号ただし書に規定する厚生労働大臣が指定する病院の病棟に入院している患者であって、別表17の診断群分類点数表に掲げる区分(以下「診断群分類区分」という。)に該当するもの(次のいずれかに該当するものを除く。)に係る療養(健康保険法(大正十一年法律第七十号)第六十三条第一項第五号に掲げる療養(同条第二項第一号に規定する食事療養、同項第二号に規定する生活療養、同項第三号に規定する評価療養及び同項第四号に規定する選定療養を除く。)及びその療養に伴う同条第一項第一号から第三号までに掲げる療養並びに高齢者の医療の確保に関する法律(昭和五十七年法律第八十号)第六十四条第一項第五号に掲げる療養(同条第二項第一号に規定する食事療養、同項第二号に規定する生活療養、同項第三号に規定する評価療養及び同項第四号に規定する選定療養を除く。)及びその療養に伴う同条第一項第一号から第三号までに掲げる療養に限る。)に要する費用の額は、別表により算定するものとする。
一 当該病院に入院した後二十四時間以内に死亡した患者又は生後一週間以内に死亡した新生児
二 厚生労働大臣の定める評価療養及び選定療養(平成十八年厚生労働省告示第四百九十五号)第一条に規定する評価療養を受ける患者
三 臓器の移植術を受ける患者であって、診療報酬の算定方法別表第一医科診療報酬点数表(以下「医科点数表」という。)のうち次に掲げる区分番号の点数を算定するもの
 イ K014 皮膚移植術(生体・培養)
 ロ K014-2 皮膚移植術(死体)
 ハ K514-4 同種死体肺移植術
 ニ K514-6 生体部分肺移植術
 ホ K605-2 同種心移植術
 ヘ K605-4 同種心肺移植術
 ト K697-5 生体部分肝移植術
 チ K697-7 同種死体肝移植術
 リ K709-3 同種死体膵移植術
 ヌ K709-5 同種死体膵腎移植術
 ル K780 同種死体腎移植術
 ヲ K780-2 生体腎移植術
 ワ K922 造血幹細胞移植
四 医科点数表のうち次に掲げる区分番号の点数を算定する患者
 イ A106 障害者施設等入院基本料
 ロ A306 特殊疾患入院医療管理料
 ハ A308 回復期リハビリテーション病棟入院料
 ニ A308-2 亜急性期入院医療管理料
 ホ A309 特殊疾患病棟入院料
 ヘ A310 緩和ケア病棟入院料
 ト A400 短期滞在手術基本料(短期滞在手術基本料3を除く。)
五 その他厚生労働大臣が別に定める者

2 前項の規定により要する費用の額が別表により算定される療養以外の療養に要する費用の額は、医科点数表若しくは診療報酬の算定方法別表第二歯科診療報酬点数表(以下「歯科点数表」という。)、入院時食事療養費に係る食事療養及び入院時生活療養費に係る生活療養の費用の額の算定に関する基準(平成十八年厚生労働省告示第九十九号)又は保険外併用療養費に係る療養についての費用の額の算定方法(平成十八年厚生労働省告示第四百九十六号)により算定する。

3 第一項の規定による療養に要する費用の額の算定を開始する日の前日までに入院した患者に係る療養のうち、当該開始する日から二月以内に行ったものに要する費用の額の算定については、第一項の規定は適用しない。

4 第一項の規定により療養に要する費用の額の算定を行う病院において医師又は歯科医師の員数が医療法(昭和二十三年法律第二百五号)第二十一条第一項第一号又は第二十二条の二第一号の規定により有しなければならないこととされている員数に百分の七十を乗じて得た数以下である場合には、第一項に規定する患者に係る療養に要する費用の額の算定については、同項の規定は適用しない。


◇関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です